スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピナレロ夏仕様

あっついですね~!(;´д`)ゞあちぃ~


ここ何日か晴続きで、まるで梅雨明けしたかのようです。


ここまで暑くなると、やっぱ水分補給には気を使います。


なので今までボトルケージが一つだったのを、二つにしました。


そうです!夏仕様でございます!(^-^)V


2009_7_14_1.jpg


しかし、ここで問題が発生します。


もともと私はシートチューブには携帯空気入れの台座を付けてたのですが、
ボトルケージを付けると空気入れはいったいどうするのか?


( ̄~ ̄;)ウーン・・・ 困りました・・・


本来ならボトルケージと一緒に空気入れの台座も付ければいいのですが、
私の空気入れはフロアーポンプタイプなので、それもNG。


そうなるとサイクルジャージのバックポケットか?


冬用のウインドブレイクジャージなら生地もしっかりしててそれもOKなんですが、
夏用は薄くて落ちてしまいそうなので恐いです。


王道ではあるがやっぱトップチューブにぶら下げる?


まぁこれが一番無難かな?( ̄~ ̄;)ウーン・・・


なんかゴチャゴチャして嫌なんですがしょーがないかな~。(´Д`)=3


もう一つの方法はサドルバックの下。


2009_7_14_2.jpg


出っ張っててちょっとカッコ悪い・・・。


とはいえトピークのサドルバックって優れものですよね~!
底に2ヶ所ゴムバンドが付いてるなんて今回初めて知りました。w( ̄△ ̄;)wおおっ!


今度ゆっくり対策を考えるとして、明日はこれで行ってみます。


子供たちが夏休みに入るので、
明日を最後にしばらくはロングツーリングできないかもしれないし、
サドルの具合も見たいので200kmほど走るつもりです。


距離はともかく、暑さに耐えれるか心配です。(-_-;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も悩みます

奇遇ですね~。 
先程から「ウエムラ」「あさひ」でサドルバックと携帯ポンプを物色してたトコロなんですよ。
携帯ポンプはタカパンさんと同じモノです。 たぶん・・・。 パナですか?

サイクルジャージを入手した今、

「100km程度の装備なら、ジャージにヒップバックは似合わないから要らない」
「けどチューブとツールの収納はどうするの?」
「サドルバック? ツールボトル?」
「今持っているパナのポンプはサドルバックに入らないよな~」
「Co2インフレーターはサドルバックに入れなきゃだな~」
「あ~・・・ボトルゲージの脇に取り付けるマイクロポンプが欲しいなぁ~」
「どうせなら素材はカーボンかなぁ・・・だったらバルビエリ?トピーク?」
「うわっ! 高け~な!ヘソクリ貯めよっかな」

・・・というスパイラルに陥っています。(ジャージ買っただけなのに・・・)
サドルバックの容量って、どれくらいがベストなんでしょうか?
ダンシングの時ユサユサ揺れるのは勘弁だしなぁ・・・。

私の夏対策
ポラールのボトル買ったのに75mm用のゲージがありません。
グランツールの選手のように背中のポケットに入れる・・・なんてナンセンス!
私にとって、ゲージが最も絶対必要なアイテムですね。
ゲージについてはある「策」が進行中です。 実行に移したらそのうち公開します。

水分補給ですが、自動販売機を見つけては補給するようにしています。赤缶のコカコーラはご褒美です。
その間はボトルからはあまり補給しません。  
山に入ると自販機が少なくなるので、ボトルで補給します。
なので、100km程度で山ばっかりじゃなければ、家に帰ってもボトルの中身は少々残っていますね。

長文失礼!

kenoneyさんへ

私が使ってる携帯ポンプはトピークの『ミニモーフ』です。
携帯性はイマイチですが、フロアータイプなので空気はかなり入れやすいです。

サドルバックなんですが、やっぱあるとかなり重宝します。
重宝どころか無くてはならないという感じで、完全に付けっぱなしです。

サイズは本来ならロードにはもう少し小さい方が似合うのでしょうが、
便利さを優先して、ペダリング時にジャマにならない程度の大きいサイズを選びました。

なにぶん付けっぱなので、ダンシング時の揺れは気になりません。
もしかしたら外してみると違いがあるかも・・・。

私の場合、日帰りならどんなにロングでもバッグ類は身に付けたくありません。
ロングになればなるほど尻の負担になるし、やっぱ身体一つが一番走りやすいです。

なので、サドルバックとバックポケット、時にボトルケージが空いていれば、
ツールボトルを使うこともあります。

やはり収納に関してはみんな悩むところではないでしょうか?
なるべく快適に走りたいですもんね。

そう考えると空気入れも、使う頻度から考えると、
空気の入れやすさより携帯性を重視するのも一つの手でしょうか?

ただ、ポンプもボトルケージも軽いからといってカーボン製を選ぶと、
お値段がかなりヤバイですからね~。

でも見たら欲しくなりますよね~。(^。^;)

もうこうなったら自転車は経済的なんて言えませんよね。

しかしお互いハマってますよね~。
二度と抜け出せないほどドップリと・・・。(≧m≦) ププッ
プロフィール

タカパン

Author:タカパン
スポーツバイクに目覚めたパン職人。
基本おバカな私ですが、いつかはイケてる男になりたいと願う今日この頃。

★訪問ありがとうございます★
基本リンクフリーなのでご自由にどうぞ。
一声かけて頂けると嬉しいです。d(^-^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。