スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

62歳のチャレンジ。。。

前日の夜、私の携帯に一本の電話が・・・。


「明日あいてる? ビワイチ行かへん?」


電話の主はす~さん。


電話が鳴った時点でツーリングのお誘いだとは思いましたが、
まさかビワイチとは・・・。


現在62歳のす~さん、
初めての自走琵琶湖一周にチャレンジです!(^^)//゛゛゛パチパチ


簡単に琵琶湖一周といいますが、距離にして約190kmあります。


ましてや自走となると自宅から琵琶湖までの往復距離が加算されるので
トータルで約260kmにもなります。


還暦を超えた人間がチャレンジするにはまさに無謀と
言えるのではないでしょうか。


早朝5時出発、今回私はこのチャレンジが成功するよう
できる限りサポートに徹しようと考えました。


なので写真は少なめですのであしからず。(^~^;)ゞ


まずは琵琶湖まで行かなければ話になりません。


この時期の早朝はほんと気持ちいいですよね~。


清々しくて爽やかで風を感じて走ってると
まさに自転車ならではの恩恵を感じます。o(*^ー ^*)o♪


浜大津到着!



2011_07_01_01.jpg



いつものミシガンをバックに写真を一枚パチリ。


今回はきっちり一周するため、ここ浜大津からスタートして、
反時計回りで同じ場所まで戻ってきます。


なのでこの写真は言わば証拠写真?(≧m≦) ププッ


果たして暗くなるまでに戻ってこれるのか?(;¬_¬)


浜大津からいったん南下して“瀬田の唐橋”まで行きます。


橋を渡り琵琶湖東側へ。


ここからただひたすら気が遠くなるほど北上します。( ̄_ ̄|||)


草津市、守山市、野洲市、近江八幡市・・・


何度か休憩を入れながらマメに水分とエネルギーを補給します。


今回は梅雨にもかかわらずまるで真夏の天候と気温、
これだけの超ロングライドになるとこの水分&エネルギー補給が
成功への必須ポイントになります。


東近江市、彦根市、米原市、長浜市・・・


彦根城も長浜城も完全スルー!(≧m≦) ププッ


そして道の駅『湖北みずどりステーション』で休憩。



2011_07_01_02.jpg



それにしても凄い晴っぷりでしょ?(;´д`)ゞあちぃ~


だいたいこの時点で120kmぐらいかな?たぶん・・・


あまりに暑いので頭から水をかぶり、冷たいデザートでクールダウンします。



2011_07_01_03.jpg



いつもはソフトクリームをいただくんですが、
今回は暑さのせいもあってソフト&フローズン、いわば熱中症対策ですね!d(^-^)


少し長めの休憩後、木之本に向けて走りだします。


賤ヶ岳トンネルを通過すると湖岸沿いで交通量の少ない通りに出るので
少しだけ動画を撮ってみました。


湖北の雰囲気だけでも伝わればいいんですが・・・。(^。^)







実際に見るともっとキレイで気持ちいいですよ。d(^-^)


塩津でも道の駅で休憩。



2011_07_01_04.jpg



この辺りからす~さんに疲れが見え始めました。


ゆるい追い風とはいえ時速30km前後で巡航してたので
ペースが速すぎたかも・・・。(´Д`)=3


それでもあまりゆっくり休憩してる時間なんてありません。


疲れた体を奮い立たせてペダルを踏みます。


休憩後の走り出しって脚にも身体にもキツイですよね。


いったん脚を休めると疲労物質が溜まるせいでしょうか?(+。+)


岩熊トンネルを通過。



2011_07_01_05.jpg



なんかこの写真セピア調でカッコイイと思いません?(^。^)


なんせ今回私はスペシャルサポーターなもんで、
す~さんの雄姿をしっかり写真に収めなければなりません。(≧m≦) ププッ


それにしても還暦には見えないスタイルですなぁ~。


ちょっとこの後ろ姿カッコよすぎません?(^。^;)


今回は『奥琵琶湖パークウェイ』は回避して、
大浦から桜並木で有名な『海津大崎』を通ります。


マキノ町到着。


実はこのマキノ町で二男が学校行事でキャンプに来ています。


会えればサプライズだったんですが、
正確な場所も知らず学生集団なんて全く見かけなかったので、
そのままスルーしました。


でも本当に会えたら他の生徒や先生方はどう思ったでしょう?


だって琵琶湖最北端辺りで自転車乗った友達の親ですよ?


絶対誰も信じないでしょう。あははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!


マキノ町から近江今津へ。


ここからとにかく南へ南へ下ります。


150km越えた辺りから疲労と尻の痛みとの闘いになります。


とにかく我慢我慢です。


ただ今回は風の周りが良く、ほとんどが軽い追い風状態で、
特に後半はこの風の助けがほんとありがたいんです。


だいたい北上か南下、どちらかで向かい風になって当然なんですが、
こんな良い状態で走れるのはす~さんにツキがあったんでしょう。(^-^)


道の駅『しんあさひ風車村』で休憩。



2011_07_01_06.jpg



休憩してると死にそうな顔をして
クロスバイクを乗った方が入ってこられました。


少し話したんですが、
京都からここ風車村でUターンして帰るそうです。


まだ初心者らしく、あまりにも苦しそうだったので
とにかく水分補給をアドバイスしました。


す~さんが“塩飴”あげてたんですが少しは効いたかなぁ?( ̄~ ̄;)ウーン・・・


でもほんと心配するぐらいヤバそうな顔をしてましたよ。


無事に帰れたんでしょうか・・・。( ̄_ ̄|||)


風車村を出て一気に下ります。


白髭神社、近江舞子、そして琵琶湖大橋。


コンビニ休憩を一回はさんだ後、一気に浜大津へ!


やりました~!


浜大津から浜大津、きっちり琵琶湖一周達成でございます!(^O^)/



2011_07_01_07.jpg



意外にす~さんクールでしたね~。


私なんて初めてビワイチした時、
ひと目はばからず何度も「よっしゃ~!よっしゃ~!」連発しましたからね。(^~^;)ゞ


やっぱす~さん大人だから?


つ~か今回の目標はあくまで“自走ビワイチ”なので、
ここで気を抜いたらアカンと思ってたかもしれません。(^。^)


自販機で水分を補給後、逢坂峠を越えて京都へ。


奈良街道、観月橋を通りいつもの河川敷に入る頃には
日も暮れ始めました。


最後もさほどペースが落ちることもなく無事に帰ってこれました。


PM7:30分到着


総走行距離:約258km




す~さん、自走ビワイチおめでとう!(^O^)/




(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆ パチパチ~


正直こんなにハイペースで走りきるとは思いませんでした。


しっかり体幹を使ってペダリングできてる証拠でしょう。(^。^)


最後に私ごとではございますが、
シャーミークリームの効果を実感しました。


圧迫によりシビレはありますが、摩擦による擦れはかなり軽減されてます。


それが証拠に、今回は座って風呂に入れましたから。ヾ(>▽<)ゞアハハハ


150km以上のロング時にはこれからも使っていこうと思います。


それと、天候に恵まれすぎたせいでこんなことになってしまいました。



2011_07_01_08.jpg



レジしてるとまたお客さんに突っ込まれるんですよ。



兄ちゃん白い手袋してるみたいやなぁ。



まぁ毎年のことですけどね。(≧m≦) ププッ


私も一度雨でビワイチ断念してるので、今回一緒に走れて良かったです。


それに二人でチャレンジした方が精神的に楽なのも感じました。


帰ってからガーリックたっぷりのピザとフライドポテト、
ビール3缶にナッツ類をつまみながら焼酎3杯摂取。


疲れもあってかベロベロ状態。



これで今日走った分チャラやな。(! ──__──) ジトーッ!



別にダイエットする為に走ってるんちゃうから・・・
なんて思いながら自分を納得させる私でした。(*ノ∀^)ノ゛))アヒャヒャ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
すごいですね。
琵琶湖一周 ビワイチっていうんですね。

我が町近隣にも 女満別湖 という 湖がありますが

ちょっと カタカナ略式表記できません。v-402

御二人とも お疲れ様でした。

湖がない!

お疲れ様でした。
62歳のす~さん様には頭が下がります。
260kmってほぼ間違いなくブルベじゃないですか!

「体幹を使って・・・」
イイ響です。 しっかりバージョンアップされているようですね~。
私も頑張らなくては・・・。

そうですか、シャーミーはやはりイイ感じですか・・・。
私もゲットしようかなぁ~。

今回は 「デビル」 ではなく 「頑張れ東北」 スタイルでしたね~。
相方様のワッペンの反応はいかがでしたか?

いいなぁ~、湖一周・・・。
新潟は湖が無く、「潟」ばかりなんです。
田園地帯を作るため排水したりして残った「水たまり」ばかりなんです。

還暦ばんざーい

還暦さんは皆さん元気ですよーだ。
 次は300ライド達成して下さい。

ありがとうございます。

六歌仙を飲んでた勢いで「明日はビワイチ決行!」即タカパンさんに電話。
「いいですよ。」と快い返事。
爽やかな朝の空気の中5時に出発。天気は快晴。
気持ちのよいサイクリング。
宇治市内を通り抜け浜大津に着く。さぁ ビワイチ スタート!
琵琶湖の波は穏やかで湖北に行くほど景色が美しい。
日差しは暑いけど切る風は涼しく心地よい。
少しずつ疲れがたまる。
けど行程の半分の130kmを過ぎると元気が出てくる。
追い風のおかげで常に30km/時前後で走る。
200kmを過ぎても平地では足は軽く回る。
とうとう日没後の午後7時半に家に到着。
ついに「やった!」という思いと何か「自信」というものを感じる。
身体の芯は疲れてるけど、手足の筋肉は疲れを感じてない。

家に入って サア! 冷たいビールと思いきや。
「後はかつおのタタキだけやから、お風呂に入ってる間に作っといて!」
エ~! 鬼嫁!
現実に戻る。

しかし今日は終始私をアシストしてくれて、
自分のペースで走れなかったタカパンさんに感謝します。
それに一日中追い風を吹いてくれた、風の神さんにも、、、。

きゃあ~

何処にでも鬼嫁は 居られますねんや
 でも内のは 最恐ですよ。

アンさんへ

そうですサイクリストの間では“ビワイチ”といいます。
淡路島一周はアワイチ、佐渡島一周はサドイチ、
そのまんまやないかい!(゜゜ )☆\(`-´メ)バシッ!

女満別湖は聞いたことありますよ。
漢字のままでもエロさ満開ですね。ヾ(>▽<)ゞアハハハ

kenoneyさんへ

ほんとす~さんには脱帽です。
最初は「こんなペースでもつんかなぁ?」なんて思ってましたが、
余計な心配でした。(^^ゞ ポリポリ
す~さんは“やまめ乗り”なんですが完全にマスターしたみたいですね。

シャーミーはロング時には有効ですよ。
擦れが少しでも軽減されれば値打ちあると思います。(^。^)

ジャージはツインシックスよりナリーニの方が軽くて涼しいんですよ。
真夏のロングはまだまだナリーニに頑張ってもらわないと。d(^-^)

新潟には湖がなくても佐渡島があるじゃないですか~。
フェリー乗ること考えれば気軽にってわけにはいかないか・・・。
ビワイチはほぼ平地オンリーなのでクライマーのkenoneyさんには
単調でつまらなく感じるかもしれませんよ。(^。^;)

ちゃり爺さんへ

還暦世代の自転車乗りの方って皆さん元気ですよね。
このまま乗り続けたら私も元気に過ごせるかな?
日帰りの限界は300kmだと思ってるので
いずれはチャレンジしてみたいと思ってます。(^。^)

す~さんへ

お疲れさまでした。
そしておめでとうございます!(^O^)/

とうとう念願の自走ビワイチ達成ですね。
あのペースで走りきれたのはかなりの自信につながったと思います。
帰り際に「もう嫌や」と言ってましたが、
今になってはまた行きたくなってきたでしょ?
今度は奥琵琶湖パークウェイ経由のビワイチはどうです?
あと六甲山制覇と怖道7号、暗峠も残ってますよ。(≧m≦) ププッ

それにしても鰹のたたきなんてイイもん食ってますね~。(;¬_¬)
ナンボでも飲んじゃいそうですね。(^。^)

またのお誘いお待ちしてま~す!(^O^)/
プロフィール

タカパン

Author:タカパン
スポーツバイクに目覚めたパン職人。
基本おバカな私ですが、いつかはイケてる男になりたいと願う今日この頃。

★訪問ありがとうございます★
基本リンクフリーなのでご自由にどうぞ。
一声かけて頂けると嬉しいです。d(^-^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。