スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルゴノヴァ取り付け完成!

ハンドルポジションが決ったので、エルゴノヴァ導入最終段階に入ります。


まずはワイヤー処理!


コラム下げやハンドルのショートリーチ化に伴い、
ワイヤー類がかなりだぶついてるのが以前から気になってたんですよ。


特にブレーキワイヤー、これはどうしてもカットしてやらないと、
今度のハンドルのガイド溝に沿ってくれません。(T△T)


ショップにお願いするつもりでしたが、
ここはひとつ自分でやってみようかなと・・・。d(^-^)


慣れてる人にはたかがワイヤー処理ですが、
無知な私は仕組みがどうなってるかも知らず、
人に聞いたりネットで調べたりして私にもできそうかなと・・・。


とりあえず処理後の写真がコレ!



2011_02_06_01.jpg



どうです?スッキリしたでしょ?(^。^)~♪


つーか、処理前の写真載せてないし分からんか・・・。(^~^;)ゞ


ワイヤーが邪魔せず“3T”の抜き文字もカッコ良し!d(^-^)


ブレーキからワイヤー外して、
自転車仲間のなおさんに借りたワイヤーカッターで余分なアウターをカット。


ヤスリで切断面のバリを取り、ついでに注油をして元に戻します。


ブレーキの調整をして余ったインナーもカットし、
ワイヤーキャップをかぶせて出来上がり!(^^)//゛゛゛パチパチ


ちなみにワイヤーキャップは再利用です。(^^ゞ


前ブレーキは何のトラブルもなく順調にできました。


後ブレーキのワイヤーは問題ないんですよ、
長いままでもガイド溝に沿ってくれてますから。


でも、せっかくなんでついでに後も処理してスッキリしようかなぁ~
なんて調子こいちゃいまして、いざ作業に取り掛かったんですが
この考えが後から後悔をすることになろうとは・・・。( ̄_ ̄|||)


実は私のバイクは、後ブレーキに続くワイヤーが、
トップチューブの中を通ってるんですよ。



2011_02_06_02.jpg



で、これを引き抜かないと前のケーブル処理ができないんです。


ここで私は大きな思い違いをしてたんですよ。


トップチューブの中は、ワイヤーを通す用のパイプみたいなものが通っていて、
差し込むだけで入口から出口まで通せると思ってたんです。


しかし、そんなものはいっさい存在せず、フレームの中はもちろん空洞、
穴は所詮入口と出口だけの役目しかしてなかったのです。( ̄▽ ̄;)ゲッ


それを知らずに引き抜いてしまったからさ~大変。


ケーブル処理はしたものの、
元に戻すのにワイヤーの先が出口から出てくれません。(/TДT)/あうぅ


小さい穴から懐中電灯照らしたりして何とかワイヤーを目視しようと悪戦苦闘。


悲しいかなワイヤーは出口を出ずにフレーム内を行ったり来たり。


最終的には先を少し曲げて、私のパン職人としての繊細な指使いで
何とか出口に導きましたけどね。(´Д`)=3


後ほどネットで調べるとちゃんと方法があるみたいです。(^。^;)


そんな最大の難関を乗り越えて、後は大丈夫かなと思いきや、
ワイヤーの先を曲げたおかげで後のアウターに通す時、
ワイヤー束の1~2本がほつれてしまいました。


知ってる人は知ってますよね、
一度ほつれたワイヤーは二度と元には戻らないって・・・。


先を切って次の作業にかかればいいのに
そのまま調整ネジを通したのが大失敗。


ほつれの被害は拡大して、
結局その2本だけトップチューブ出口までほどいて切断しました。


まぁそんなこんなでトラブルはありましたが、
何とか無事ケーブル処理完了!( ´o`)=3


あっ、ちなみにシフトワイヤーは調整が難しいので今回はパスです。(^^ゞ


ケーブル処理の後はテープで固定。


3T&ERGONOVAの文字を見せるためには
透明のテープで留めるしかありません。


ビニールテープでは耐久性はあるが透明度がイマイチ。


で、ホームセンターで色々物色して最終的にコレを買ってきました。



2011_02_06_04.jpg



ただのセロハンテープ・・・。(≧m≦) ププッ


でもバカにすることなかれ、
普通のより透明度があり黄ばみにくいらしい。


巻いてみるとこんな感じ。



2011_02_06_03.jpg



貼ってるのは分かりますが少しぐらいは仕方なし!


それでもうたい文句通り透明度は抜群で、
これ5重ぐらい巻いてますが、ハンドルのカラーリングを全く損ないません。


もう少し丁寧にエアーが入らないように巻いたら
もっとイイ感じではないかと思います。(^。^)b


ここにテープを巻いたおかげで、
フラット部を握った時のケーブルの当たりは全く気になりません。


あっ!そうそう!


突然ですが、私が最終的に決定したポジションがコレです。



2011_02_06_05.jpg



最初よりハンドルもブラケットも少しだけ起こしました。


そのせいで下ハンは少し握りにくくなり、ブレーキレバーも遠ざかりましたが、
ブラケットポジションが格段に楽になりました。


今まであまりしなかった角を持っての前傾姿勢もするようになりました。


レースに出ることが無い私は、
やっぱブラケット重視でセッティングするのが定石ですよね。


話は元に戻りますが、ケーブル処理をしたら後はバーテープを巻くのみです。


今回は練習を兼ねて一度使ったバーテープを再利用して自分で巻きます。



2011_02_06_06.jpg



かなり力を入れて巻きましたが、やっぱ一度使ったバーテープは伸びていて、
どうしても所々たるみが出てしまいます。(+。+)


2011_02_06_07.jpg



でもまぁ初めてにしては上手くいった方じゃないかなと思います。( ̄ー ̄)v


何でもコツがあるもんですよね~。


巻き終わってから汚れたバーテープを洗剤でゴシゴシ。


そしてとうとう、すべての作業を終え完成!(^^)//゛゛゛パチパチ


ドモドモ\(^_^ ) ( ^_^)/ドモドモ



2011_02_06_08.jpg



どうです?カラーリングバッチリでしょ~!


赤にも色々ありますが、嬉しいかなフレームに近い赤だったので、
すごくハマってると思うんですよ。


文字も白抜きやし、どっちも“3”やし。ヾ(>▽<)ゞ


アングルを変えてもう1枚。パチ /■\_・)



2011_02_06_09.jpg



えっ、エロいっ!


エロすぎる~~~~!ε=ε=(ノ ´д`)ノ


またより一層コイツが好きになりました。


そろそろタイヤ交換時期なので、
何カ月も前からストックしてある赤のPRO3レースにしたら一体どうなるのやら・・・。


つーか、また“3”? あははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トリプル・3

やったじゃん
3・3・3 確変じゃん(ゴメン)何のこっちゃ?
 (E)ですね。

爺はfp3・pro3・車のナンバー・3で、トリプル3です
http://blog.goo.ne.jp/puuran2528/e/9819a045a6a66e2b1bc7f1ce3c15f9a9
お互いに3はラッキーナンバーですね。

ちゃり爺さんへ

狙ったわけではありませんが偶然“3”が重なりました。
すでにトリプルスリーなら4つ目の“3”はいかがですか?
3Tじゃなくてもショートリーチは楽ですよ!d(^-^)

う~ん ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

やっぱりワイヤーの「だるだる」は気になりますよね~。
私もクランクセットでお世話になったショップの方に鋭く突っ込まれました・・・。

近くのショップでハンドル換える時、ワイヤーも処理してくれるだろうと期待してましたが
まったく触ってもくれず、格好悪いハンドル周りとなっています・・・。
これではセルフで換えたのと同じです・・・。

しかしタカパンさん勇気ありますね~!
ココはやばいな・・・と予想していたので、内蔵ケーブルは絶対触りたくないです。

フラット部全てデザインされているのは、カーボンは冷たくならないからバーテープ巻く必要がない
というメーカーの判断なんでしょうか?
3Tの文字がアソコまで描かれているのですから、やっぱりバーテープ巻きたくないですよね~。

ハンドル左側の大きな3Tロゴは絶対隠すべきじゃないですしね。

もし、ちょっとでも不安があれば、あの部分だけ透明なバーテープ巻くのもアリかも? ですよ。
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=3808

しかし・・・
「チーム」って、 赤い彗星 「タカパン専用FP3」 にピッタリですね!
専用品と言っても言い過ぎじゃないです。 これで 「全身赤」 になりましたね~!

サドル、トップチューブ、そしてバーテープの 「白」 が繋がっていて良いアクセントになっていますので、
バーテープは白が正解かもしれませんね。

kenoneyさんへ

やっぱワイヤーたるんでるのは気になるでしょ?
私も前から気になってたんですよ。
バーテープを外さないとできない箇所なので、
今回思い切ってやってみました。
つーかやらないとガイド溝に収まってくれないのでしょうがないです。

ハンドル交換だけでワイヤー処理までしてくれるショップは少ないんではないでしょうか?
別料金かも知れませんね。

透明のバーテープはどうも巻く気にはなれないんですよ。
なんか見た目がゼリーのような、脱皮しかけのような・・・。(^。^;)

初めて3Tチームを見た時は「赤い彗星にバッチリやん」と確信しました。
DEDAのアルミでショートリーチを経験して、
今回やっと何の不安もなくこのハンドルを手に入れることができました。
バーテープはサドルに合わせて白が一番無難でまとまってますが、
巻く前のハンドルを見て、このままのカラーリングを生かすために
黒を巻いてもカッコいいんじゃないかとも思いました。

バーテープは消耗品で比較的お安いので、色々試してみますよ。d(^-^)

No title

はじめまして
興味があって、ケーブル内蔵フレームで簡単なワイヤーの通し方を調べてます。
どのような方法で、ワイヤーを通されたのでしょうか?

Consuellaさんへ

はじめまして!(^-^)

私は根性で通しました。(≧m≦) ププッ
先を曲げてだいたいの距離を合わせ、
くるくる回しながら曲げた先を出口に導きました。

後日ネットで調べてみると、
細い針金を輪っか状にして出口より突っ込み、
そこにインナーワイヤーを通して出口に引っ張り上げてくるみたいですよ。

試したわけではないので有効かどうかは分かりませんが、
私みたいに根性で通すよりマシだと思います。ヾ(>▽<)ゞ

何度も経験してるショップで聞いてみるのが一番確実な情報だと思います。d(^-^)

タカパンさんへ

ワイヤーの通し方意外に決定版が無いですね。
この作業が自転車整備で一番胃が痛くなるStepですね。
どうもでした。
プロフィール

タカパン

Author:タカパン
スポーツバイクに目覚めたパン職人。
基本おバカな私ですが、いつかはイケてる男になりたいと願う今日この頃。

★訪問ありがとうございます★
基本リンクフリーなのでご自由にどうぞ。
一声かけて頂けると嬉しいです。d(^-^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。