スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オヤジ二人のヒルクライムポタ②

~パート①がまだの方はコチラから~


大正池を過ぎ、一山越えると井手町から和束町に入ります。


相変わらず茶畑が多く、
その造形美たるや、見るものを圧倒するほどの美しさがあります。


2009_12_10_08.jpg



コレっていったい何茶なんやろ?


京都やから、やっぱ宇治茶かな?( ̄~ ̄;)ウーン・・・


そんな疑問を抱きながら和束のコンビニで最初の休憩。


「オニギリ2つと~、え~とお茶、お茶っと・・・」


( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ロ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;) ゲッ!


疑問一発解決!


2009_12_10_09.jpg



宇治茶ではありませんでた。(;^_^A アセアセ


和束町なので“わづか茶”・・・。



そのまんまかいっ!(゜゜ )☆\(`-´メ)バシッ!



しかも“知る人ぞ知る”って書いてある。


私が知らんで当たり前か。(≧m≦) ププッ


でも“宇治”って文字も入ってるしビミョ~。(;一_一)


で、味はどうやねんってことですが、
もともとぬるかったうえ、写真撮ったりなんやらでほとんど人肌。


なのでウマイようなマズイような・・・。( ̄_ ̄|||)


腹ごしらえも終え、次の目的地である“童仙房”へ向かいます。


ここからは59さんも未開の地、地図で確認しながらのRIDEです。


(・_・)エッ......? 私?


私は気楽なもんですよ。


完全に59さんに頼り切っております。ヾ(>▽<)ゞブハハハ


すぐ上りに入るのですが、大正池の峠より勾配はキツイです。


2009_12_10_10.jpg



茶畑と紅葉がすごくキレイでした。


所々絶景ポイントがあります。(*^。^*)~♪


2009_12_10_11.jpg



何箇所か分かれ道があったので、私一人なら確実に迷ってます。(´▽`;)ゞ


相変わらず59さん力走!


この峠も足を一度も着かずに上りきりました。w( ̄△ ̄;)wおおっ!


そして最終目的地の民宿『童仙房山荘』に到着!( ̄▽ ̄)V


2009_12_10_12.jpg



民宿といっても泊まる訳ではございません。(≧m≦) ププッ


ローディーさんにとっては有名なところらしいです。


しっかり手作りバイクラックがあるでしょ!d(^-^)


写真撮ってるうちに中から人が出てきて話しかけてきました。


まだ20代ぐらいの男性なんですが、
この方もやはりロードバイクに乗ってるらしいです。


ヒルクライムレースなんか出たりしてるみたいですよ。


しばらく談笑したんですが写真撮るの忘れてました。


せっかくの出会いやったのに・・・。( ..)ヾ ポリポリ


ここから先の道を尋ね、その場を後にしました。


民宿の方、親切にして頂いてありがとうございました。m(__)m


さすが地元の人に教えてもらった道だけあって、
「ほんまにコレで合ってるん?」ってぐらいの田舎道。


一人なら確実に引き返してますね。(;^_^A アセアセ


もちろんこの道もちょっとした峠です。


途中から滋賀県に入り、うろ覚えですが“多羅尾”ってとこに出て、
307号線に入ったところで2回目のコンビニ休憩。


オニギリ2つと肉まん、そして熱いお茶をドーピング。


もうここには“わづか茶”ありませんでした。(≧m≦) ププッ


この時点で時間はもう2時半ぐらい、
暗くなるまでに帰ろうと思ってたのですがビミョ~な感じ。


空も曇ってきました。


この辺りで59さんにトラブル発生!


脚が攣ってしまいました。( ̄_ ̄|||)


ほとんど平地が続くようなとこはなく、
常に上ったり下ったりのコースなので、脚の限界が来たようです。


国道307号線から県道5号線に入り、再び和束町に入ります。


この道は交通量も少なく、すごく走りやすくて、
和束川沿いなので景色も最高です。


和束のコンビニで3回目の休憩。


そう、一回目に休憩した和束茶を買ったコンビニです。


この辺りを走る人は、このコンビニを基点にしてる人が多いようです。


ボトルが空になったので補給。


そしてお決まりのスイーツ!


2009_12_10_13.jpg



今回はエクレアです!(^¬^) じゅる


まぁ~なんと言いましょうか、ウマすぎてホッペが落ちそうでしたよ。(*^。^*)


再び大正池コースを走る元気はなく、国道163号線から加茂町、
県道47号線経由で泉大橋へ。


泉大橋から玉水橋までは木津川沿いのサイクルロード。


玉水橋から穂谷経由で最後の峠越え。


59さんは攣った足をかばいながらの激走です。


私はというと、暗くなることを予想してなかったので、
スモークレンズのサングラスを外し、ライト無しなので59さんの後ろを走ります。


そして到着したのが5時半頃。


ドラックGTさんの店がまだ開いてたので、本日の土産話で談笑。


2009_12_10_14.jpg



途中でkazzyさんも来たので4人で30分ぐらい話してました。(^。^)


今回の総走行距離:約115km


丸一日、余すことなくたっぷりと遊んだって感じです。(≧m≦) ププッ


後で地図を見て今回のコースを確認したんですが、
もう少しで三重県に入るところだったんですね。(⌒◇⌒;)げっ


59さん、お疲れ様でした!


本当に楽しく、そしてリフレッシュできました。


また誘ってくださいね~!(^O^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しかったでしょ

峠越えの115km、楽しかったでしょ。
 茶の段々畑、ライン、コントラストが綺麗ですね。
 カンチャ殿のブログで良く見かけるコースです。

一度行って見たいです。


次回は逆コースで。

ロードバイクを始めて約2年半。琵琶湖一周や仲間と200kmRIDOもしたけど今回が初めてサイクリングをしたという感覚。約120kmのコースが変化にとんでいて前半の約60kmはけっこうきついアップダウン。特に童仙房の入り口の約4kmの上り坂はしんどかった。後半の府道5号線からはゆるい下り坂の気持ちの良い道路。しかし終盤疲れから内股の筋肉が攣るけどペダリングをしながら筋肉調整。最後の穂谷の上り坂も筋肉が攣り始める感覚を紛らわしながらマイペースで峠に到着。ここからの我が家までの約10kmは下り坂。足のことは忘れて元気いっぱい!無事帰着!坂で一度も足を着かなかったことに少し自信をもつ。タカパンさんのペースを終始乱して申し訳ない。でも次回は逆コースで仲間を連れて一緒に行きましょう!

ちゃり爺さんへ

今回のツーリングは変化に飛んでて楽しかったですよ~。
ちゃり爺さんもこのコース行ってみてください。

やっぱ紅葉の山はきれいです。
今度行くなら暖かくなってからかな?

どちらにしても能勢からならかなり距離がありますね。(^_^;)

59さんへ

お疲れ様でした~!(^O^)/
攣った足も次の日には回復したみたいで良かったです。
私同様、59さんも峠にハマりそうですね~。(≧m≦) ププッ

やっぱ足を着かずに上りきると、自信にもつながるし、
俄然楽しくなってきますよね。

しかし朝から晩まで余すことなくたっぷりと遊びましたね。
今度から59さんと行く時はライト付けてクリアレンズにします。ヾ(>▽<)ゞ

めちゃくちゃ楽しかったです。
ほんまありがとうございました。m(__)m

PS. 私を撮ってくれた動画、早く下さいよ~。(;一_一)

ヤッパリ白ですね~

赤い彗星の全体写真を見ると、バーテープはヤッパリ白ですね~・・・。

しかし結構高い所に行ってますね~!

しっかり感化されそうですが、この時期の新潟では無理をしない限り、
滅多に無い好天に「暇」が重ならない限りまず無理です。

脚が攣るときは、クリート外しただけでも逝ってしまいますよね~・・・。
自転車降りても直立できないし・・・。

今度は三重県に行ってしまってください!

kenoneyさんへ

バーテープは交換したばっかりなのでしばらく白でいきますが、
次は赤を試してみようと思います。
サドルは白ですが、ハンドルも白なので赤にしてもバランス取れるのではと考えてます。
となるとステムは白にしたくなるでしょうね。(^。^;)

今回のコースは六甲山に比べると、それほど標高はありません。
アップダウンが多くkenoneyさんならまさに泣いて喜ぶほどの
ヨダレもんのコースでしたよ。(^。^)b

スミマセンね~、シーズンオフなのに感化させちゃって。
でも大丈夫!kenoneyさんが乗れないぶん、
私がたっぷりと楽しんであげます。ヾ(>▽<)ゞブハハハ

そういえば昔の雑誌で雪道をMTBで楽しんでる記事がありましたよ。
寒そうですがそれはそれで楽しそうでした。d(^-^)
プロフィール

タカパン

Author:タカパン
スポーツバイクに目覚めたパン職人。
基本おバカな私ですが、いつかはイケてる男になりたいと願う今日この頃。

★訪問ありがとうございます★
基本リンクフリーなのでご自由にどうぞ。
一声かけて頂けると嬉しいです。d(^-^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。